COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.
2018
27
MAY
CATEGORY:
デザイナーの独り言
CREATIVE SALON vol.002 開催

CREATIVE SALONはご近所の制作会社のデザイナー同士で、知識共有やワークショップを行うイベントです。

第1回開催後、越冬し春の目覚めと共にCREATIVE SALON第2回を行いました。
(第1回の模様はこちら。 )

今回のお題は「撮影」について。

メインの登壇者のお二方はこちら。
cs_002_00.jpg
弊社の島崎と、SHIFTBRAIN藤吉さんです。


cs_002_01.jpg

この知識共有会のコンセプトは、堅苦しくなく"ゆる~く"。
知識共有とワークショップの2部構成での開催です。

第1部:知識共有

1.AD、デザイナーのための撮影講義
(SONICJAM:島崎、東野)

 [Agenda]

  ・ADやデザイナーが事前に準備すること
  ・カメラマンにあまり言わない方が良いNGワード
  ・SONICJAM.studioの紹介


cs_002_02.jpg
cs_002_03.jpg

カメラマンさんと良好な関係を築く為のポイントを、弊社SONICJAM.studio部長である島崎が、体験談を入れつつ分かりやすくレクチャー。



2.実案件や参考サイト、広告を例に挙げての講義
(SHIFTBRAIN:鎌田さん、羅さん、藤吉さん)

 [Agenda]
  ・予算が足りない時の、内製の仕方
  ・ファッションブランドサイトにおけるフォトディレクション
  ・広告と写真


cs_002_04.jpg

動画の予算問題、悩ましい時ありますよね。
撮影から編集までできてしまう鎌田さんに、
オススメ機材やパーツ、簡単な編集方法などを伝授していただきました。


cs_002_05.jpg

コスメ、ファッション情報に詳しい羅さんは、ハイブランドサイトの「見せ方」を分析。


cs_002_06.jpg

業界歴が長い藤吉さんの資料は、40ページにもわたる超大作。「へーー!なるほどなるほど〜!」と、驚きに包まれていて感動ものでした。


お話を聞くのは勿論ですが、
普段見る機会が無い他社さんの資料を拝見出来るのもCREATIVE SALONの良きところです。



第2部:写ルンですワークショップ

懐かしいですね、使い捨てフィルムカメラ。
数年前から再ブーム到来の「写ルンです」で、
事前にそれぞれの日常半径5メートルを撮ってきてもらいました。

cs_002_07.jpg

cs_002_08.jpg

各自、自分の作品から数枚をチョイスしてもらい。名前を伏せて写真展。
グッときた写真に投票していきます。


cs_002_09.jpg

見事優勝したのは...SHIFTBRAIN及川さん。

このノスタルジックな色合い、空気感ってフィルムならではですよね。
デジタルで再現するのは可能ですが、
体験・体感が伴うものが「フィルムっていい」というエモさに結びついている気がします。


以上、CREATIVE SALON第2回レポートでした。

CATEGORY

×
CATEGORY
COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.