COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.
2017
10
FEB
CATEGORY:
伝わる写真の撮り方講座
HAPPYバレンタイン!目で楽しむスイーツをどうぞ。
来週はいよいよバレンタインデー!
手作りをプレゼントするもよし、憧れブランドのチョコを自分で独り占めするもよし...。
近頃は味だけでなく、キュートなルックスのスイーツも増えてきましたね。
そこで今回は、「SJバレンタイン企画!」と題しまして、美味しそうなお菓子の写真をお届けします。


苺のプチバウム


手のひらサイズのバウムクーヘン。バウムクーヘンって、1枚ずつはがして食べようか、贅沢に縦に切って食べちゃうか、迷いませんか?
個人的には溝にたまったアイシングの、シャリシャリとした歯触りが好きです。

valentine_1.png
さて、光の当て方によって、同じ被写体の中でも際立たせる対象を変えることができます。

・一方向からの光は、立体的な陰影がつき、苺のシズル感が出る。(左)
・レフ板で逆サイドからも光を回してあげると、バウムクーヘンが浮き上がり、商品全体の魅力を引き出すショットに。(右)

valentine_2.png

粉砂糖の雪が降る♡クグロフショコラ


ほんのり苦味のあるダークチョコレートのクグロフに、ホワイトチョコを垂らして、仕上げに粉砂糖を一振り。甘さと苦さが口の中でとろければ、至福のひと時へようこそ...。

valentine_4.png 粉砂糖をダイナミックにふりかけるシーンは、シャッタースピードを最高スピードにして挑戦。背景には、粉砂糖を引き立たせる黒を持ってきて、コントラストを出すのがポイントです。


セクシーに魅せるビスケット


光量を絞ることで、クールな世界観に。
全体の彩度を低くまとめ、ポイントで赤を利かせれば、大人っぽい色気が出てきます。

valentine_6.png valentine_7.png

鎮座ましますビスケット


こちらも光量をコントロールすることで印象を変えたショット。
ごく普通のビスケットに、バターの香りが漂ってきそうな雰囲気をまとわせてみました。「ビスケット」ではなく、もはや「ビスキュイ」と呼びたい。

valentine_10.png valentine_9.png

結んだり、散らしたり、並べたり


小物づかいや並べ方を工夫することで、ぐっとオシャレな写真になります。

valentine_3.png valentine_5.png valentine_8.png

写真部のinstagramにも、甘〜い写真をアップしています。
www.instagram.com/sonicjam_studio/
使用したスイーツは、すべてスタッフが美味しくいただきました♡
それではよいバレンタインデーをお過ごし下さい。


\今回は、この3人でお送りしました/

valentine_all.png (右から)
Styling:村岡
Photo:島崎
Writing:根岸

CATEGORY

×
CATEGORY
COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.