COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.
2017
2
MAR
CATEGORY:
イベントレポート
ロンドン滞在記 ~交通・食・アート事情~

こんにちは、デザイナーのテツです。

AWWWARDS カンファレンスのレポート第3弾。 カンファレンス制作会社訪問の話は他メンバーに任せるとして、この記事では番外編として、ロンドンで数日間暮らした感想をお伝えします。 ロンドンへ旅行を計画中の方や、今後ロンドンで働きたい!と思っている方にお役に立てる記事になればと思います。

photo01b.jpg

以下、3つの柱でお伝えしていきます。

    ・交通
    ・食
    ・アート

前提として、物価は1ポンド=140円くらい(イギリス滞在中)だったので、およそ日本の1.4倍くらいでした。高い...。


交通


photo_traffic.jpg
    飛行機

日本からの直行便で13時間ほどかかります。長い...。
映画を3本ほど観ましたね。機内にスリッパが無い場合もあるので、安物でも用意しておくと良いですね。

    オイスターカード

バスに乗る時、トラムや電車に乗る時に必要なオイスターカード。日本のSUICAに近いものです。1dayや7days乗り放題もあります。 私たちは、7daysのものを買いました。期限が切れたら、チャージもできるので安心です。

    CityMapperアプリ

旅行中、手放せなかったのがこのアプリです!
現在地表示や目的地に近づくとアラートしてくれたり、バスや電車の乗り換えなどわかりやすくとにかく使いやすいです。
Google Play
iTune Store

    2階建てバス「ダブルデッカー」

1回1.5ポンドで乗れます。町中にたくさん走っているので本当によく使いました。基本的に前から乗ります。ただ、たまに予告なく(英語で予告あったのかな?)ルート変更が あったりするので、そこはCityMapperをガン見ですね。 2階に上がると、日本ではなかなか見れない景色が!

    地下鉄

今回はバスメインで移動しためあまり詳しく説明しませんが、割とストライキで運休したりするので注意が必要です。

    タクシー

今回は私たちは乗りませんでしたが、とても有名な「ブラックキャブ」。 黒だけかと思ったらいろんな色のキャブたちがいました。



photo_eat.jpg
    食事

私の個人的な印象としては パン > タイ料理 > 中華 > その他 の順で美味しかったです。
やはり、パンやソーセージなどは安定感がありました。

    ラーメン

ロンドンに日本企業が出店しているラーメン屋があり、味はかなり日本と近いです。
ただ、麺は短め。啜(すす)ることが難しいためだと思われます。


ロンドンで食べた米は、すべてタイ米のような長い米でした。


アート


photo_art.jpg
    美術館

ロンドンには、たくさん美術館があります。しかも無料なところが多い! 私が訪れたのは大英博物館とThe National Galleryです。 どちらも非常に大きく点数も多いため、見終わったあとはヘトヘトでした...。
中でも感動したのが、The National Galleryにあったゴッホの「ひまわり」です。 本物は全部で7枚あるそうで、その1枚に出会ってきました。 ロープ一本だけ挟んですごく近くで見れました。
その他、テートモダンなどロンドンには素晴らしいアートに触れられる機会がたくさんあります。


その他


    ・男子トイレの小するところが、全員分繋がってる!?全部では無いですが、飲食店などで何度か体験しました。
    ・1ポンドトイレ。 
     ロンドンは、大きな施設などには普通にトイレがありますが、
     街中などではお金を払わないと使えないトイレがあったりします。
    ・太陽はレア?旅行中の9割は曇ってました。雨も多いので、折り畳み傘は必須ですね。
    ・石畳の道路も結構あるので、ハイヒールはつらそう。
    ・現地のwifiが少し遅く感じました。


まとめ


全体的な印象として、街並みがとても綺麗でした。街全体の統一感があり素晴らしかったです。 外壁は昔のものをなるべく使い、内装だけリニューアルするという思考みたいですね。 マンションやビルも高層な建物が少なく、電線もないので空がとても広く感じました。

余談ですが、ひと昔前、Flashサイトが全盛期だった頃、ヨーロッパのネット速度は日本より遅かったそうです。その頃、ヨーロッパではデータ圧縮技術が格段に上がったみたいです。そして現在、日本の作るサイトは重く、ヨーロッパのサイトはサクサク見れる傾向にあるようです。

photo02.jpg
イギリスの文化や美術館でアートにふれたり、カンファレンスや制作会社視察したことで、とても勉強になり刺激をたくさん受けました。なんかこうもっと制作しなきゃ、もっと良いもの作らなきゃと。

この想いを、今後の制作に役立てていきたいと思います!

photo03.jpg

CATEGORY

×
CATEGORY
COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.