株式会社ソニックジャムの社長ブログ

事業戦略とは...Diary

一つ前の日記に書いたように、今年は沢山ビジネス書を読んだ。で、結論をまとめると、組織に必要なのは、

  戦場を選ぶこと
  敵を選ぶこと

究極はそれだけかな。(意味がよくわからない人は一つ前の日記の写真に写っている本を読めばわかる。)たぶん、我々のようなクリエイティブの業界の新しい会社には、こういう概念がかけていることが多いと思う。自分もそうだったし、うちの社内でもこういう意識は極めて低い。デザイナーとかクリエイターが経営者になっちゃった、って場合が多いから。「自分たちが好きなものをつくりたい」「いいものをつくれば仕事は自然についてくる」って思っちゃいがち。

SONICJAMは、チームで成長しながらその時代に合った高いクリエイティブをつくりだしていくのが目的。だから、常に変化しなければならないし、継続しなければならないから、戦略を意識しなければならない。まだまだ勉強中の14年目の年末です。

今年は沢山ビジネス書を読んだDiary

2014年12月24日

特に戦略系。まあ、悩んでいたんですね。でも本当に勉強になった。もう、戦略本はいいや、てくらい。

IMG_1026.jpg
今年読んだ本の中でわりと印象に残っているもの。これとあと、ストーリーとしての競争戦略ストラテジックマインドかな。
来年はいよいよ勝負の年となると思うんで。(まあ、毎年言ってる気もしますけど)実戦で結果出さないと・・・死ぬしかないんで。付箋のところを年末に読み返します。

忘年会で思うDiary

2014年12月17日

今週は忘年会続き。いろんな人に会います。

がんばってる人や会社を見て、何度も悔しいとか負けたくないとか思った。自分や自分の会社はそれなりにがんばってるつもりでいたけど、まだまだ全然進みが遅かった。軽く自分たちを飛び越えていく人たちがいる。でも自分はそれを死ぬほど悔しいと思えるから、まだ大丈夫。

すごくひさしぶりの人に何人も会えた。うれしかったな。なんか最近友達が増えた気がする。

なんか今日はうれしい気分。だからこんな中二みたいな日記でもいいや。

社内事業コンテストは必ず失敗するDiary

2014年12月 6日

> 社内事業コンテストは必ず失敗する  (藤田晋氏の経営者ブログ)

「サイバーエージェントでは10年前から、「ジギョつく」という社内事業プランコンテストを年2回、実施」してきたそうですが、いろいろな問題点があり、「コンテスト形式ではなく、いつ事業プランやアイデアを出してもいい、という制度に改めた」ということ。

でもそれは、最初からその形だときっとダメだよね。コンテスト形式を行ってきたことによって、新規事業をどんどん提案する習慣が組織として身についたからこそ随時スタイルい移行できたんだろうな。

自分たちも、自ら考え、自ら生み出すことがあくまで普通の習慣としてできるようになるために・・・いろいろ工夫し試行錯誤中です。そのあたりの取り組みもこのブログや広報ブログで今後紹介していきたいな。

企画書 終了のお知らせDiary

2014年11月28日

企画の目新しさとか、アイデアのすごさで競うのはもう終わりだと思うんだよなー。パワポの企画書で、何案も何案もたくさんつくるとか、資料の表現や言い回しの調整に時間をかけるとか、もうやめたい。労力の無駄感がすごい。

ではどうするか、というと、まあ、つくるしかないよね。
渾身のモックで勝負するしかない、よなー。
つくろう、つくろう。

« 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16