株式会社ソニックジャムの社長ブログ

Web情報アーキテクチャBooks

> Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

筆者は情報アーキテクチャのコンサルティング会社を設立したが、なんと(アメリカのネットバブルがはじけて?)廃業してしまった、ということが「はじめに」に書かれている。ああ、もうそれ以降の内容の説得力が・・・(笑)
それにしてもこの本はひどい。何がって誤字脱字が非常に多い。なんか訳も信用できなくなってくる。内容が意味不明なのもキーになる言葉の訳し方に問題があるからでは、などと思えてくる。

内容的には、かなりWebプロデューサやディレクターの実務経験がないと実感として理解できないのではないだろうか。実務経験豊富な人にとっては、目新しくはないがいままであいまいだった部分が整理できたりはするかもしれない。ひどい文章に耐えて分厚い本を読破する時間と根性があれば、だが。

半落ちBooks

2004年7月11日

> 半落ち

ええ話やな~て感じ。あっさり読めるけれども、しっかりとした感動を残します。でも地味です。映画にもなったけど、泣けるんだろうな~。でも地味だろうな~。

四日間の奇蹟Books

2004年7月 6日

> 四日間の奇蹟

社員旅行で香港の往復の飛行機で読みました。東野圭吾の「秘密」によく似ているらしく・・・でも自分はこちらを読んでないのでわからないのですが、全体としてはまあありきたりなおとぎ話、と言う感じ。まあこれで魂の救いとかなんとか言われるとちょっと話うますぎるよなー。しかしそれでも自分がセンチメンタルな気分だったので(笑)泣きそうになりながら機内で一睡もせずに読んでしまいました。

それにしても「四日間の奇蹟」とは垢抜けないタイトル・・・(文章もどうも古臭い気がする。)もっとナウい(笑)タイトルにしてほしいです。

英会話Books

2004年6月17日

> 英語と仲直りできる本
> 英会話なるほどフレーズ100

難しい単語を勉強していて、TOEICもそこそこの点数取れるんだけど、いざ会話になると全然しゃべれない・・・という私のような人にはよい本なのでは。Amazonでもかなりおすすめ度高し。しかしこれで私の英語力がどれだけになったかは謎・・・今年中のペラペラ(自己認定)を目指して未だ勉強中。

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11