株式会社ソニックジャムの社長ブログ

WEBデザイン ワークフローBooks

2005年3月11日

> WEBデザイン ワークフロー

キノトロープのワークフロー、だそうだ。現在Web制作業界でスタンダードとなっている内容だと思う。あとがきで生田さんが'95年ごろから内容は変わっていないと書いている。多分そうなのだろう。

でもこの業界でスタンダードなんて、まだまだ改善の余地が山ほどあるに決まっている。うちの会社では、その先を見据えて試行錯誤中だ。少なくとも、今後優れたサイトを制作するためには、個人のデザインセンスなどより、ワークフローが優れている方が重要であることは間違いない。各プロダクションがそれぞれ独自のワークフローを持つことが必要なのだ。

企画の教科書Books

2005年2月13日

> 企画の教科書 おちまさとプロデュース

世の中には2種類の人間がいると思っていた。創造的な人間と、そうでない人間。どちらが優れているということではなく、決められたことをこつこつこなす能力ももちろん重要だ。でも最近はやっぱり全員両方の要素を持っており、その割合でタイプが別れているように思うになってきた。どんな立場でも創造的になれるのだ。(余談だが、創造的(と思われている)職業(デザイナー、ミュージシャンなど)を名乗る人たちの中には、自分は一般peopleとは違うぜ、という意識が強い人がいるが、そういう人に限って全然創造性が乏しかったりする。)

この本の「おわりに」に、「企画だけではなく、人生のさまざまな局面にも対応している」とあるが、それは決して大げさではなく、それくらいこの本の中身は奥が深い。別に放送作家や広告代理店向けに書かれただけの本ではない。一見軽そうに見えてバカにできん。みんな、創造的に生きよう。

話を聞かない男、地図が読めない女Books

2005年2月 9日

> 話を聞かない男、地図が読めない女

いや、まあ、わかっちゃいるんですがね。日常の会話や友人同士の会話ならいいんだけど、仕事となるとやっぱり論理的に、簡潔に、遠まわしでなく、ちゃんと結論があるように、話してほしいなと思わずにはおれないわけですよ。僕は典型的な話を聞かない男なわけですけど。すいません。

自分の中に毒を持てBooks

2005年1月26日

> 自分の中に毒を持て / 岡本太郎

田島貴男(オリジナルラブ)も推薦(笑)!やっぱり強く励まされます。

川崎市岡本太郎美術館はうちから近所。なかなかいいですよ。

ヒゲのOL薮内笹子(続)Books

2005年1月19日

> ヒゲのOL薮内笹子(続) / しりあがり寿

サイコーです。サイコーにくだらないです。あまりにくだらなさすぎて元気がでます。そういうところは「少林サッカー」と同じです。

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11