株式会社ソニックジャムの社長ブログ

Kindle買いましたDiary

2014年10月 6日

少しずつ電子書籍を読むようになりました。こんなような時に。

(1)マンガを大人買い
まあ、大人買いというほどでもないのですが、まとめて一気に読みたいとき。こないだ海外出張があったときに、飛行機の中で「進撃の巨人」をまとめて全部読もうと思い、当時12巻まであったのを電子書籍をダウンロードして機内で読みました。さすがに紙の本だと、特にマンガはかさばるので、出張が多い時などは電子書籍が大変重宝します。お金かかるけど。いつの間にか結構マンガにお金使ってるんじゃないかとちょっとコワい。

(2)ちょっと読んでみるか
Kindleの方がちょっとだけ安い。また読んだあと不要になってもゴミにならない。ということで、まあ、とりあえず電子書籍で買っとくかー、みたいな。そういうものがいくつか増えました。だいたいこういうのはチラっと読んで放置されますが。予想以上によかったの以外は。と考えると結構無駄にお金使ってるんじゃないかとちょっとコワい。

(3)洋書
届くまで時間かかるなー、たぶん送料もかかるなー、やっぱりここは電子書籍だな、ということで。たまーにしか買わないですけど。

(4)今すぐ読みたい
今ヒマだ!今すぐ知りたい!今読みたい!てときにKindleで売ってると買う。

(5)いつでも読みたい
本でも持ってるけど、何度でも読み返したいので、電子書籍で常に携帯しておきたいもの。まあ、そんなにないですが、ドラッカーの「マネジメント」「経営者の条件」くらい。(別にドラッカーに傾倒しているわけではないですが、読むと「がんばって働こう」という元気がでるのでw)

で、結構購入した本が増えてきたのですが、iPhoneで読んでいると、かなり読みづらい。マンガは文字が細かくて読めないし、目が疲れるし、バッテリーも消耗する。で、Kindleが3,000円引きのキャンペーンをやってるときに、いろんなレビュー見てたら、最新のKindle Whitepaperはだいぶいいらしいんで、そちらを買ってみました。完全にキャンペーンの術中にはまっているわけですが、まあ、いいじゃない。
IMG_0777.jpg

で、買ってみると、これがいい感じ。マンガも読みやすいし、紙の読書体験に近づいている、というか、初めて電子書籍でもっと読みたい、と思った。軽いしサイズもちょうどいいね。OSというかインターフェースがダサいとかわかりにくいとかはあるけど、モノクロ液晶がどこまで紙に近づけるか?という今後の進化が楽しみになってきました。豪華でカラフルな液晶のタブレットより、こっちのほうが時代を変える、んじゃないか。

ところで風呂で読みたいから、防水カバー買おうかと思ったら、これが9,000円くらい。本体が1万円くらいなのに!それなら水に落としてダメになったら買い換えるわ。ジップロックで充分そうです。

Facebookやってます(公式)Diary

2014年10月 2日

自社の公式Facebookページを充実させるのって大変、ですよね。我が社もなかなか手が回らず、ずっと運用をサボり気味でした。が、最近入った広報部インターンの活躍により、内容がかなり充実してまいりました。社員インタビューなんかもやってます。ぜひぜひみなさまご覧ください。(「いいね」してくださいね!)

https://www.facebook.com/sonicjam.inc
fb1.jpg

会議室リニューアルDiary

2014年9月30日

2Fの会議室。今のオフィスも6年くらいたつので、あちこち傷んできたりして何年かごとに補修はしているのですが、このたびふたつの会議室の大リニューアルを敢行。いい感じの空間ができあがりました。

テーマはリラックス。圧迫感のある会議室じゃなくて、自宅のリビングのような安心感。集まるのが苦痛じゃなく、むしろあの部屋行きたい、と思えるように。もうひとつのテーマはフラット。中会議室の丸テーブルは、誰が偉いとかじゃなくて、みんな完全に平等な距離感でつながっている。そんな一体感。もちろん、それらはもっとよい話し合いができるようになるため。さらに希望としては、壁とかにアートとかいろいろディスプレイしたいなあ。部屋はごちゃごちゃしてるくらいのほうが刺激があっていいと思うんだよな。

1D9A2619.jpg
1D9A2628.jpg

運だけでここまで来たDiary

2014年9月23日

自分は運だけでここまで来たようなもんなので、日々自分がもっと成長しなければ、と常に必死です。最近、自分より若い経営者の方々と会う機会も多いのですが、みんな非常に優秀で、大変刺激にもなるし勉強にもなるので、そういう機会はとても好きです。その度に、これまで以上に謙虚な姿勢で学んでいかなければ、と思います。

考えてみれば、社長というのはいつも初心者というか、赤ちゃんの一歳はママも一歳、みたいなもので、いつもこの状況は初めて、ということの連続です。そりゃいつも不安だしわからないことだらけだよ、すいませんが。

さて8月末でSONICJAM第13期の決算を迎えましたが、これで13年連続増収!を達成しました。売上は目標ではなくあくまでも結果だと考えていますが、そういう意味でもがんばった結果が出てよかったと思います。新しい第14期もあくまでも内容にこだわって、つくるものの質にこだわって、ちょっと他とは違う、ちょっといいものを提供していきたいと思います。その結果として売上がついてくれば最高です。

みなさんありがとうございました。また一年がんばります。

フレッシュネスバーガー創業者 栗原幹雄Diary

2014年9月22日

9/11(木)のカンブリア宮殿に栗原幹雄さん登場。
栗原さんいいよなー。こういう「新しいものを生み出す人」って、なんだろう、プロデューサー?クリエイター?経営者でもあるんだろうけど、いわゆる0を1にする人、なんだろうか。経営者でも1を100にする人、というタイプもいるけれど。私自身あこがれるというか、すごく好きなタイプの方です。
以下、いちおうメモ。

<栗原幹雄 語録>
・嫌われることが オリジナリティ
・みんなにモテようとすると 失敗する
・ブレストしても いいアイデアは出ない
・ニーズを追うと つまらなくなる
・大切なことは 他人に相談しない

« 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21