株式会社ソニックジャムの社長ブログ

組織の新陳代謝についてDiary

2014年12月27日

企業が上昇気流にあるときは、意欲的で野心的な人材が集まってくる。でもそういう人材はさらに次のステップを求めて退職してしまうケースも多い。また、チャレンジングな採用で、今の組織には明らかにはまらないけど、今の組織にないものを与えてくれるかもしれない人材をイチかバチか(?)採用するケース。当然失敗して、組織に合わず早々に退職する場合も多々ある。でももちろん、それによって組織にそれまでになかった力を与えてくれたケースも沢山あります。

うちは退職者が少ない、という企業は、もしかすると、意欲のある人材やチャレンジングな採用ができていないのでは、と疑ってみるべきかもしれない。

退職者が出た時は、落ち込むし、人材のポテンシャルをもっとうまく活かすことができたんじゃないかと反省もするけど、一方でまあしょうがないとする割り切りも必要。すべての人にぴったりな組織なんてありえないから。

意外と多いなと思うのが、本人の焦りから来る転職。自分がいまいち伸び悩んでいたり、うまくいかないのを環境のせい、と考える人。それはただの責任転嫁かもしれない。実際に環境が変わるとうまくいく場合もあるので判断は難しいけどね。

SONICJAMは、未経験だけどポテンシャルのある若者を採用して、2〜3年で一人前になって活躍する、というパターンが多い、と思う。しかし成長した人材は、その後もさらなる成長を目指すので、別の環境で自分を試したい、と思うようになって退職し独立するというようなケースもでてくる。それはある程度は仕方ないと思うし、うちで成長した(育てた、というより勝手に育った、という感じだけど)ことに対して、まあ、多少は世のため人のためになったのかな、という自負もある。あとチャレンジングな採用も結構しているつもり。失敗もあるけど、それやらないとつまらないから。短期間で辞めてしまったとしても、その在籍期間に組織に何かを与えてくれればそれは採用してよかったんだと思う。

本来はそれぞれ個人が成長して、それに合わせて組織も成長して、ずっと長くやっていけるのがもちろん理想だし、そういうメンバーが増えていくのはうれしいことだ。そうやって少しずつ、新陳代謝しながらも軸のしっかりした選手層に厚みのある強い組織になっていきたい。

今年も何名かの退職者がいたけど、それはみんなの新しいチャレンジのスタートだととらえて祝福したい。おめでとう。

事業戦略とは...Diary

一つ前の日記に書いたように、今年は沢山ビジネス書を読んだ。で、結論をまとめると、組織に必要なのは、

  戦場を選ぶこと
  敵を選ぶこと

究極はそれだけかな。(意味がよくわからない人は一つ前の日記の写真に写っている本を読めばわかる。)たぶん、我々のようなクリエイティブの業界の新しい会社には、こういう概念がかけていることが多いと思う。自分もそうだったし、うちの社内でもこういう意識は極めて低い。デザイナーとかクリエイターが経営者になっちゃった、って場合が多いから。「自分たちが好きなものをつくりたい」「いいものをつくれば仕事は自然についてくる」って思っちゃいがち。

SONICJAMは、チームで成長しながらその時代に合った高いクリエイティブをつくりだしていくのが目的。だから、常に変化しなければならないし、継続しなければならないから、戦略を意識しなければならない。まだまだ勉強中の14年目の年末です。

今年は沢山ビジネス書を読んだDiary

2014年12月24日

特に戦略系。まあ、悩んでいたんですね。でも本当に勉強になった。もう、戦略本はいいや、てくらい。

IMG_1026.jpg
今年読んだ本の中でわりと印象に残っているもの。これとあと、ストーリーとしての競争戦略ストラテジックマインドかな。
来年はいよいよ勝負の年となると思うんで。(まあ、毎年言ってる気もしますけど)実戦で結果出さないと・・・死ぬしかないんで。付箋のところを年末に読み返します。

忘年会で思うDiary

2014年12月17日

今週は忘年会続き。いろんな人に会います。

がんばってる人や会社を見て、何度も悔しいとか負けたくないとか思った。自分や自分の会社はそれなりにがんばってるつもりでいたけど、まだまだ全然進みが遅かった。軽く自分たちを飛び越えていく人たちがいる。でも自分はそれを死ぬほど悔しいと思えるから、まだ大丈夫。

すごくひさしぶりの人に何人も会えた。うれしかったな。なんか最近友達が増えた気がする。

なんか今日はうれしい気分。だからこんな中二みたいな日記でもいいや。

社内事業コンテストは必ず失敗するDiary

2014年12月 6日

> 社内事業コンテストは必ず失敗する  (藤田晋氏の経営者ブログ)

「サイバーエージェントでは10年前から、「ジギョつく」という社内事業プランコンテストを年2回、実施」してきたそうですが、いろいろな問題点があり、「コンテスト形式ではなく、いつ事業プランやアイデアを出してもいい、という制度に改めた」ということ。

でもそれは、最初からその形だときっとダメだよね。コンテスト形式を行ってきたことによって、新規事業をどんどん提案する習慣が組織として身についたからこそ随時スタイルい移行できたんだろうな。

自分たちも、自ら考え、自ら生み出すことがあくまで普通の習慣としてできるようになるために・・・いろいろ工夫し試行錯誤中です。そのあたりの取り組みもこのブログや広報ブログで今後紹介していきたいな。

« 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21