株式会社ソニックジャムの社長ブログ

できてしまえば当たり前のこと日記

2016年11月20日

できてしまえば当たり前のことのように感じるんだけど。

企業理念とかやりたいことをできるようになるための組織編成やルールや業務フローができあがって機能するようになるまでには長い長い時間がかかるな。
でもそれができると、それが組織の強さになるってことになるんじゃないかな。

なんでなかなかできないかというと、毎年毎年いろいろなことが起こって、本来やるべきことになかなか集中できないから、といつも思う。だいぶやるべきことが見えてきてあと一歩感あるんだけど、時間的にやっぱりあとちょっと足りない。

次から次へと予期せぬトラブルとか起きるからな・・・
でもあと一歩のところまで来てる手応えがある。一年で結果を出そう。

プロデューサーは楽し日記

2016年10月26日

最近自分の中で、仕事に対しての手応えがあります。
自分が役割を果たしているという実感というか。
それは、本当の意味でのプロデューサーでなければな、と常々意識してきたことが、できるようになってきた感じがするから。

文字通り新しいものを生み出すのがプロデューサーだと思っているので、新しいコラボや、新しいサービスや、新しい考え方を提案しかなきゃダメで。「普通はこうだろう」と考えたあとに「それを超えるには」と常に考えます。
そうすると、だいたいにおいて、必要な労力は大幅に増大し、予算は大幅に超過し、一般的なプロデューサーの役割としての予算管理としてはダメダメですが、自分の枠内・予算の枠内で無難に収めたもののどこが面白い?

そうして実現したプロジェクトは、結果的に評価を得たり、次のお仕事につながったり、自分の経験になったりと、成果も実感できるようになってきたので、自分は正しいんだと信じて突き進んでおります。
仕事は楽しいのう!

【わかる奴だけわかればいい】アナログカートリッジの比較日記

2016年10月 1日

最近の趣味は、と聞かれたらそれは「アナログレコード鑑賞」です。
今年、ついにアナログレコードプレイヤーを購入。
18歳まで実家にいたときはアナログプレイヤーとCDプレイヤーと両方持っていましたが、一人暮らしを始めるタイミングで、もうCDだけでよいだろうと思い、アナログレコードとプレイヤーは実家に置いたままでした。

それから25年以上が経ち・・・アナログレコードに針を落とした瞬間聴こえてきたものは・・・
CDとは全然違う、音の厚みと柔らかさ!そうだった、元々音楽はこうだった、この音だったのだ!
と衝撃を受け、それからヤフオクやディスクユニオンで格安のアナログ盤を漁るのが趣味に。

そうなってくると、当然のようにオーディオ機器が気になってくる・・・。
いわゆるオーディオマニア(底なし沼)への第一歩なわけですが、スピーカーやアンプを替える前に、まずは自分の理想のアナログカートリッジを探そう!と非常に冷静かつ合理的に考えて、いくつか入手して聴き比べています。
以下は、自分の覚え書きのためのメモですが、もしもいつかどこかの誰かの参考になれば幸いです。


DENON DL-103

超標準機、という感じ。これを基本軸にして好みの音を探すんです、とダイナミックオーディオの店員に教わった。
実際にネットで音の特性とかを調べても、超フラットで、ある意味無個性というか地味。
しかし、全体的なアナログらしい柔らかさ、適度な広がりがあり、実は一番飽きないかもしれない。
実際にカートリッジを替えるときは、一回これに戻って耳慣らしをしたりしています。


audio-technica AT-OC9/III

解像度が高く、高音の伸びがすばらしい。スピーカーによってはキンキンしてしまうかもしれない、と心配してしまうほど。
低音は柔らかい印象。ビシビシくる感じは無い。全体の広がり感があるので、クラシック向きかもしれない。山下達郎のON THE STREET CORNERとかもいいね。
非常に心地よく聴けるのでしばらくメインで使っていたのだが、こういう音ならCDでいいんじゃないか?と思い始め、他のカートリッジを試すようになりました。


Ortofon 2M Blue

全体的に元気で派手な感じ。シンバルやシャリシャリ感が強いのかな。
低音が強めだが、引き締まった感じではない。中域が強いのかチョッパーのベースが元気にビンビンくる。
全体のバランスの問題なのか、ボーカルの中高域がやや引っ込んだ感じがするかも。スネアもペシャッとなってしまったような気が。
80年代以降の音だと楽しいかもしれないが、70年代以前のロックやジャズだとちょっと合わなそうだな・・・と思い、あまり使い続ける気がしない。


SHURE V-15 Type III

ベイシーなどのジャズ喫茶でよく使われているとのことで。すでに発売は終わっているのだが、聴いてみたくてヤフオクで状態が良さそうなものをゲット。
中低域が豊かで引き締まっている。つまりウッドベースの響きがいい。そしてボーカルものの声の厚みと存在感が強く感じられた。このあたりがジャズ向きと言われる所以か。低音(バスドラとか)はカタい印象で、リズムがドンドンくるということは無い。高音の広がりや解像度はあまり無く、もっさりしているとも感じる。
たしかにオールマイティでは無いが、アナログでジャズを聴く良さが実感できる。ロックでもデレク・アンド・ザ・ドミノスのライブ盤のドラム・ソロを聴いたらグッと来た。万能なを求めるのではなく、ハイファイがベストではなく、奇跡的に機器と音楽とばっちり合ったときのそこにしかない快感がアナログの楽しみなんですよね。しばらくいろいろ試してみようかな、クラシックはダメだろうけど・・・。スティーリー・ダンを聴いたときは、都会的なサウンドが泥臭くなったような違和感を感じたけど、聴いているうちにそれもアリかと思えてきました。


audio-technica AT33PTG/II

もしかすると、V-15に解像度と華やかさを加えたような感じかもしれない、と勝手に期待を抱いて購入。
実際聴いてみると・・・
高音の広がり、柔らかい中域、強すぎずしかし十分な低音の響き・・・バランスがとれてカラッとしたサウンド。ぱっと聴いた感じ欠点が見当たらない。というか欠点が無いのが欠点というか、オールラウンド過ぎるというか、無個性というか、そういう意味ではDL-103に近い。DL-103の方がより中低域が太くて柔らかい印象だが、こちらのほうがボーカルは豊かに聞こえるから不思議。
女性ジャズボーカルではドリス・デイの声が柔らかく響き、ロックではエアロスミスのROCKSのヘヴィなサウンドもジェフベックのWIREDのパワフルなリズムもしっかり再現してくれた。
今後しばらくこれをメインに使ってみようかな。

次はOrtofon SPUにチャレンジしてみたいのう・・・

チームが機能するとはどういうことかおすすめ本

2016年9月22日

> チームが機能するとはどういうことか / エイミー・C・エドモンドソン

とても興味深い本だが、どうにも日本語が読みづらい。元の文章の問題か、翻訳の問題か。「自足できる農家や商店の経営者は、何世代にもわたって気候の変化や病気に直面し、生き延びる方法を見つけており、さりげなく、しかし厳然と、秩序の信奉者へと姿を変え、人間味のない企業から給与を受け取るようになっていった。」「トップダウン・マネジメントの実行は、科学的管理法として知られるより広範な組織的方法論の構成要素になっている。」みたいな・・・

以下、自分用の内容整理メモ。

チーミングの4つの柱

  • 率直に意見を言う
  • 協働する
  • 試みる
  • 省察する

<チーミングを妨げるもの>
根本的な帰属の誤り、例えば、誰かが遅刻したときに、本人は電車のせいだと思い、周りは本人の意識の問題だと思ってしまう。

特にポイントは「省察する」だろうな。どの組織のどんな仕事でも、ひとつひとつのプロジェクトをちゃんと振り返って次へのナレッジへつなげられているケースは少ないんじゃないか。やり方はそれぞれの組織に合った形でいいんだと思うんだけど、うちも15年ずっと課題でいまだに全くできていない・・・とほほ。しかしいよいよこれに本格的に取り組むときが来た・・・。これがシステムとして稼働するようになれば、組織のエンジンが動きだす。

チーミングのための4つのリーダーシップ行動

  • 学習するための骨組みをつくる(フレーミング)
  • 心理的に安全な場をつくる
  • 失敗から学ぶ
  • 職業的・文化的な境界をつなぐ

<フレーミング>
リーダーの役割、チームの役割、プロジェクトの目的、を確立すること。
リーダーは相互依存の協働メンバーであること。メンバーはプロジェクトに不可欠な存在であること。
それらをしっかり伝えるリーダーとメンバーのコミュニケーションが重要。

わかっちゃいるけど、長年仕事してると、惰性というか、なあなあというか、また次の仕事だよ〜、たるいな〜、とかいう雰囲気になってしまうことが往々にしてある。それが望んでもなかなかかなわないような貴重な機会だったとしても、それが続くと感覚が麻痺してきて、ありがたみがわからなくなってしまうのだ。・・・ドラえもんのありがたみわかり機のようなものはないものか。そうなると真のリーダーとは、惰性と戦い続けるメンタリティを持ち、メンバーとコミュニケーションがとれる者でなければならないのだな。しかし人間だもの、疲れてへとへとのところにまた仕事がきたら、誰だってえ〜また〜ってなるよな。そこのフレーミングのために必要なのはひとつはやっぱり「省察」なんだろう。達成した喜びと達成できなかった悔しさを次へつなげていく。スポーツ選手がまた次のシーズンや試合へ挑むように。

ていうか「省察」ってみんな一般的に使う言葉か?だからこの本読みにくいんだよな・・・

広島、25年振りの優勝日記

2016年9月10日

広島ファンのみなさん、本当におめでとうございます。
私自身は体にドラゴンズブルーの青い血が流れる名古屋出身のドラゴンズファンでございますが、気持ちはとってもよくわかります。9年前の自分の浮かれたブログ記事を思い出しました。

プロ野球のように何十年も続くコンテンツでなきゃ味わえない感激だもんな。歴史の重みというか、長く続くことの価値ってすばらしいな。

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11