COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.

キリングループWeb会員サービス「My KIRIN」

WEB /
JUN. 2015
WORK 0065
PLANNING/DIRECTION/DESIGN/CORDING&PROGRAM(CAMPAIGN)

毎日が少しだけ楽しくなる会員サイトを目指して

キリンの会員サイトでは、2014年夏にシステム部分の大幅なリニューアルを実施。 SONICJAMは、その仕組みを活用し、デザインリニューアルのフェーズからお手伝いを開始しました。

プロジェクト開始時、マーケットデータは存在したものの、我々は具体的なユーザー像をイメージすることができていませんでした。たくさんの会員の方々がいる以上、利用者がどのように来訪し、どんな体験をして頂けるのかが改善上最も重要であると考え、最初の段階でプロジェクトメンバーで認識を共通化しておく必要がありました。

約2ヶ月間のUXのワークショップを経たことで、当初仮で設定した構成では気づけなかった点が浮かび上がり、利用者の方に本当に楽しんでいただける、そんなストーリー作りができてきました。

To create a membership site for a little joy every day.

The Kirin’s membership site has been renewed dramatically in its system in the summer of 2014. SONICJAM helped the renewal from the design renewal phase by utilizing the system.

When the project was started, we had market data but not an actual image of the users. As there are many members, it is the most important in the renewal how the users visit the site and what they experience in there. Therefore, we have to share the same view on the renewal among the project members in the first place.

After the workshop of UX for about 2 months, we have found many things we had not been aware of in the prototype design at the beginning of the project. As a result, we could create a story really enjoyable for users.

ソニックジャムの強みを活かして

今回プロジェクトを進めるにあたって、SONICJAMとして提供できるものは何か?
会員サイトという特性上、プロモートではなく、いかにアクティベートできるかをテーマとして取り組みを行いました。

My KIRINをご利用される方々にとって、毎日が少し楽しくなれる、そんな体験をしてもらえるようにという想いを強く持ち、コンセプトの軸を全体に行きわたらせ、キャラクターや、細部に渡る手書きの世界観、少しづつ飲み物が貯まっていくポイントの演出、全体のストーリーまでキリンらしさを詰め込んでお仕事に取り組めた点は、SONICJAMの強みを活かせたのではないかと考えます。

Using the strong points of SONICJAM

To participate in this project, we have asked ourselves what SONICJAM can offer to this project. Considering that this is a membership site, we worked on this project with a theme to create something to activate rather than to promote.

With a strong will to create something that can provide the visitors of My KIRIN an experience that can be a little joy in everyday life, we have worked on the project to design it entirely along the concept, express the world with the characters and the details of the backgrounds by drawing them manually, to dramatize the system of getting points gradually for drinks, and to implement the Kirin’s characteristics in the whole story. We believe the strong points of SONICJAM were worked advantageously in these points.

プロジェクトを振り返って

半年以上の長いプロジェクトになりましたが、ワークショップから始めることができ、クライアント・制作チームともに一丸となって同じ目線でプロジェクトに参加できたため、非常に円滑に進める事ができました。
今後の運用フェーズでも、ブランディングの向上/改善提案を共に重ねていければと考えています。

Looking back the project

It was a long-time project taking more than half year. But we could proceed very smoothly as we participated from the workshop and worked together with the client and production team, sharing the same view on the project.
We hope we can work together with them in the operation phase in making proposals for branding improvement and further development of the site.

COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.