COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.

The Searching Planet 検索する地球

EVENT /
JUL. 2016
WORK 0101
WebGL DEVELOPMENT / PROGRAMMING

日本科学未来館の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」の新コンテンツとして、Googleと日本科学未来館が共同制作した「The Searching Planet 検索する地球」が公開されました。
SONICJAMでは、映像素材用に、WebGLを利用したアニメーションプログラミングと、そのアニメーションで使用するデータ生成(Google Trends API v1beta を用いたプログラミング)の部分を担当しました。

インターネット上で検索されたキーワードを可視化し、「ジオ・コスモス」に投影することで、地球上の人々の活動や興味、関心をリアルに感じることができるコンテンツとなっています。ぜひ日本科学未来館で体感してみてください。

WebGLを利用したアニメーションプログラミングについて、詳しい解説はこちら

As the new content of the earth display "Geo-Cosmos" of the National Museum of Emerging Science and Innovation, Google and the National Museum of Emerging Science and Innovation have co-produced "The Searching Planet, Searching Earth" has been published. SONICJAM was in charge of animation programming for the video material using WebGL and generation of data to be used in the animation (programming using the Google Trends API v1beta).

The keywords, that have been used for searching in the Internet, were visualized, and by projecting them to "Geo-Cosmos", it has become a content you can feel realistically activities, interests and concerns of people on the earth. Please try to experience by all means the National Museum of Emerging Science and Innovation.

For animation programming using WebGL, detailed explanation is here.

STAFF LIST

COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.