SONICJAM

OTHER SERVICE

OUR SERVICE :

IoT PROTOTYPE


IoTプロトタイプ開発

デジタル技術を生かし、
新たな体験創りを

SONICJAMの研究開発チームは2016年から本格的に活動を開始し、自社プロダクト開発に向けて準備を進めてきました。IoT機器、機械学習などの研究を重ね、プロダクトのプロトタイプをいくつか開発してきました。

今後は、自社プロダクトの開発を続けながら、これまでに得たノウハウを活用して他社との共同開発や、新しいサービス開発などに生かしていきたいと考えています。

OUTLINE

  • オリジナルIoTプロダクトの企画・設計・開発
  • コンセプト設計、基盤設計、ソフトウェア開発

WORKS

  • Smart Table

    Smart Table

    スマートホームの定着が進み、家庭用PCの売上が低下している昨今。その現状を基に、ダイニングテーブルをスマート化したのが「Smart Table」です。「Smart Table」をノックすることで、照明や空調等の家電の操作が可能になります。便利で必要な機能を手軽に体験できる、少し先の未来のテーブルです。
    • ノック検知
  • IR HUB

    IR HUB

    IR Hubは、スマートホームにおける、新しいスイッチの形を提案するプロダクトです。AppleのHomeKitに対応し、iPhoneなどと連携して電化製品を制御。Slack、LINE、スマートスピーカーなどとの連携も可能です。
    • スマートホーム
    • 赤外線

TECHNOLOGY

赤外線リモコン
一般的なリモコンのほとんどは、目に見えない光(赤外線 = InfraRed)を高速で点滅させて信号を送っています(モールス信号のイメージ)。リモコンのボタン1つにつき、1つの点滅パターンが登録されています。テレビやエアコンの受信機がこの点滅パターンを認識して、信号を読み取っています。

「IR Hub」には広範囲に投射できる赤外線LEDが入っており、様々な家電のリモコンの点滅パターンを記憶・制御することで、汎用的なリモコンの機能を担っています。
部屋の中央に位置するシーリングライトにオプションとして組み合わせることで、部屋中の赤外線リモコンによる操作を「IR Hub」でまかなうことができます。

「IR Hub」の中にある小型PC(Raspberry Pi)がサーバーの役割を担っており、Slack,LINEのBotと連携させれば、外からでも操作ができます。

CONTACT US

すべて必須項目となります。

担当:中関・川畑  
03-5414-6141