award
award

KINOYA Corporate Website

  • Client :  木の屋石巻水産

Nov.2015

  • KINOYA Corporate Website
  • KINOYA Corporate Website
  • 宮城県石巻の水産加工品メーカー、木の屋石巻水産。そのブランディングのお手伝いとして、コーポレートサイトを企画・制作しました。

  • 自然と共に生きる姿勢を伝える

    目指したのは、「石巻」という土地と、そこで働く人の素朴なあたたかさを伝えること。
    現地へヒアリングに訪れた際に特に印象に残ったのが、震災からの復興という大変な苦労があったにもかかわらず、それを感じさせない木の屋のみなさんの明るい笑顔でした。

    そこで今回のサイト制作のお声がけを下さった、写真家の菅原一剛さんと大旗英武さん撮影の写真をメインに配し、石巻の美しい自然と人の魅力がビジュアルで伝わるようにいたしました。

    木の屋の強みは、朝水揚げした魚を早ければ昼までに缶詰に加工するという、魚の旬と鮮度を一番に考えたモノづくりを行っていること。他にはないこの斬新な缶詰づくりのこだわりを表現するため、シンプルでモダンなデザインや、季節を感じさせるコンテンツを組み込むことで、これまでの水産加工品メーカーのイメージをがらりと変えています。

    石巻を、被災地を、そして東北を盛り上げていく力にわずかでも貢献できたら。そんな願いを込め、企画・設計からデザイン、コピーライティングまで一貫したご提案を行いました。

    CSS Design Awards/SPECIAL KUDOS,5TH DEC 2015

  • KINOYA Corporate Website
  • 商品の個性を引き出した、使いやすいショッピングサイト

    ECサイトでは、たくさんの商品の中から欲しいものをすぐに探せるよう情報設計から見直しました。
    素材ごとに確認できる商品一覧や、キーワード検索機能をカスタマイズしています。

    一般のお客様はECでの購入がメインとなることから、ネットショッピングの肝となる商品写真には特にこだわり、一点ずつフォトグラファーによる撮影を行いました。ページデザインも、商品ごとの個性を際立たせられるよう意識しています。

    現ユーザーには引き続き使いやすく、新たに感度の高い層も取り込めるようバランスをとったデザインを心がけました。

Credits
  • Client :  木の屋石巻水産
  • Creative Direction & Produce :  村田 健
  • Design :  中山 文男 / 平井 秀次
  • Project Management :  島崎 隆次
  • Copywriting :  根岸 明子
  • HTML Coding :  宮内 悠希 / 長谷川 巧
  • Project Management :  白井 麻実
  • HTML Coding :  小川 哲郎(UNDEFINED CODE.)
  • EC Coding :  カテル有限会社
  • EC Backend Development :  森山 宗一郎(株式会社TWB)
Awards
  • cssda

    Special Kudos

Load