ASICS EXPERIENCE TOKYO Virtual Kasumi / Interactive Attraction

  • Client :  株式会社アシックス
  • Agency :  株式会社電通 / 株式会社電通ライブ / 株式会社電通テック / 株式会社 テー・オー・ダブリュー

Jul.2021

  • コロナ禍でのイベントにおけるコンテンツのありかたを検討

  • Loading...
  • “Sound Mind, Sound Body”を掲げ、創業以来積み重ねている基礎研究結果と持てるテクノロジーを進歩させることで、アスリートのサポートを続けてきたアシックス。

    東京・原宿にて開催された、アシックスの今と未来を伝えるポップアップイベント「ASICS EXPERIENCE TOKYO」において、SONICJAMではコロナ禍におけるイベント開催をいかに成功させるか、という観点で企画を行い、複数のコンテンツを担当しました。

  • ASICS EXPERIENCE TOKYO Virtual Kasumi / Interactive Attraction
  • Virtual KASUMI スーパーラリー対決

    卓球日本代表の石川佳純選手と、バーチャルで対決できるラリーゲームを企画しました。

    本物の卓球台と同様のサイズ感と、徐々にスピードアップしていく打球で、実際にラリーを行なっているかのような体験を実現。
    Azure Kinectセンサーを用いて、卓球のラケット位置を読み取り、打球エリア内に入ることでボールを打ち返します。実際の卓球と同じような動きにこだわることで、子どもから大人まで楽しめるコンテンツとなりました。


    体験者が触れるラケットの部分は、アルコール消毒がしやすいようにラバー素材を採用。布製に比べて乾く時間も早く、スムーズな運用を可能にしました。

  • 関連WORK:ASICS EXPERIENCE TOKYO / Touchless Gacha & Entrance System

    コロナ禍でのイベント開催において、館内が密になる状況を避けるため、人数を制限するための仕組みを設けました。

詳しくはお気軽にお問い合わせください
モーションデザインは、SONICJAM.studio が担当しました。
Credits
  • Client :  株式会社アシックス
  • Agency :  株式会社電通 / 株式会社電通ライブ / 株式会社電通テック / 株式会社 テー・オー・ダブリュー
  • Produce :  松澤 考論
  • Direction :  岡崎 功祐
  • Design :  國井 優史
  • Development :  金 正運 / 蕪山 悟 / 寺口 徳一
  • Motion Design :  征矢野 里奈 ( SONICJAM STUDIO )
  • 3D Motion :  株式会社キャドセンター

Load